脱毛サロンの光脱毛って?※徹底調査!!

脱毛サロンの光脱毛って?※徹底調査!!

多くの脱毛サロンで採用されているのが光脱毛です。光脱毛ではIPLという器械から光を照射することで、そのエネルギーを利用してメラニンを刺激するので、脱毛ができます。医療機関で行われるレーザー脱毛と違うのは出力です。レーザー脱毛よりも出力が弱いのは、脱毛サロンは医療免許がなくても施術が可能だからです。出力が小さい分、肌への刺激が緩和され痛みを感じにくいです、痛みは最初のうちは我慢できますが、施術を続けるたびにストレスが溜まって、十分な効果を感じないまま施術を断念することもあります。よって光脱毛は、長期的に続けやすい方法といえます。毛が生える周期に合わせて施術を行うので、2~3ヶ月に1回脱毛サロンに通います。一般的に1年~2年で施術は完了します。コストパフォーマンスが良いので、価格は比較的安いです。最近では家庭用の光脱毛器もありますが、脱毛サロンで行う方が高い効果を得られます。光脱毛は、自分で処理するよりもはるかに肌に優しいです。使用されている光は、元々フェイシャルエステで使っています。目に見える可視光線は、紫外線などの有害光線をカットするフィルターの役割があります。人体に無害な上に、細胞に働きかけることで自然治癒力を高めるとされます。自己処理で作ってしまったダメージを修復できます。また産毛などで顔脱毛を行う人は、光脱毛を選ぶとニキビや吹き出物が解消されるという嬉しい効果が期待できます。 脱毛サロンの光脱毛は、医療機関のレーザー脱毛とは違います。物理的にいうと、レーザーはすべての波が同じ波長で真っ直ぐに進みますが、光はバラバラな波でバラバラな方向に進みます。そのため、光はレーザーよりもエネルギーが低くなります。レーザー脱毛も光脱毛も、どちらも黒いもの(毛)に吸収されて熱になることで毛の周囲の細胞を破壊する行為ですが、影響力が全く違います。脱毛サロンはやわらかい光をあてて黒い部分(毛)に働きかけますが、威力を強くしようとすると光の強さを高めるしかなくなります。弱いダメージでも回数が増えればダメージが大きくなるので、その副作用として背中にトラ柄の痕が残ってしまうことがあります。現在の脱毛サロンではこの副作用が起こらないように低出力で光脱毛を行うようになっています。光脱毛もレーザー脱毛も、どちらも毛周期に合わせて処理することが必要です。毛周期は、成長期、退行機、休止期、の3つで回っています。このうち、レーザーや光で処理できるのは成長期の毛だけです。なので、何度か通って処理する必要があります。個人差はありますが、レーザーだと5?6回(1年くらい)で終わるところが、光だと15?20回(3年以上)かかることもあります。光脱毛は確かに費用が安くてお手頃感があるのですが、回数がかかってしまうという点がデメリットです。気になる場合には、とりあえず両脇脱毛だけ光で処理してもらうなど、試してみると良いでしょう。

アクセスの多い脱毛体験談♪

【体験談】キレイモに行ってきました!
>口コミを見る

>キレイモ公式ページを見る
【体験談】アリシアクリニックに行ってきました!
>口コミを見る

>アリシア公式ページを見る
【体験談】シースリーに行ってきました!
>口コミを見る

>シースリー公式ページを見る
【体験談】ミュゼに行ってきました!
>口コミを見る

>ミュゼ公式ページを見る
【体験談】湘南美容外科に行ってきました!
>口コミを見る

>湘南美容外科公式ページを見る

脱毛サロンの光脱毛って?※徹底調査!!関連ページ