脱毛サロンの脱毛は痛いって本当?

脱毛サロンの脱毛は痛いって本当?

脱毛サロンへ通いたいと思っても、痛いかも知れないという不安はあるかもしれません。痛いと感じる施術は、一昔前の脱毛サロンではあったかもしれないです。それは、脱毛サロンで取り扱う脱毛器が、まだまだ改良の余地があったためです。ほかにも痛いかも知れないという不安があるとしたら、かなり昔になりますが、エステでも脱毛の主流が、ニードル脱毛であった時代があります。その時代のエステサロンでは、脱毛といえばニードルを導入しているサロンは多く、施術の際の痛みは半端ないものがありました。ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して、1本1本微電流を流し処理していきます。永久性もある脱毛方法ですが、驚く程に痛みは激しく、医療機関ではないため麻酔を使うこともできず、ただひたすら我慢するしかない方法でした。しかし今では、エステでのニードル脱毛は禁止されています。脱毛サロンでの施術は、脱毛マシンも改良されて、今では光脱毛がメインであり、痛みはほとんど感じなくなっています。脱毛で痛いと感じるといえば、光脱毛であっても、デリケートゾーンの脱毛は痛みを感じやすいパーツです。それでも、我慢できるレベルですから、それほど心配をすることもないでしょう。身体のなかでも皮膚が薄いですし、黒ずみもしやすい場所なので、ほかのパーツよりも照射の際に刺激を感じやすいです。痛みが強めに感じる時には、ジェルを追加してもらったり、保冷剤等でクールダウンしながら行います。脱毛サロンでのムダ毛のお手入れで、特に痛いと感じやしパーツは、VIOゾーンの脱毛です。光脱毛というのはマイルドな照射で知られていますが、そんな光脱毛でも、VIOゾーンの照射をする時には痛いと感じやすいです。痛いのを知らないままデリケートゾーンの照射をして、その痛みで脱毛に対して心が折れてしまわないように、最初にある程度の痛みがあるパーツであることを知っておくほうがいいでしょう。脱毛サロンではカウンセリングの際に、スタッフが前もってそういった説明をしてくれることもあります。脱毛サロンでのデリケートソーンの痛みは、自分にケアでも軽減させていくことができます。脱毛に通うようになったら、肌は今までよりも乾燥を感じやすくなります。これは光脱毛で照射を行うため、誰でもかんじることです。ですが、乾燥をそのままにしておくと、ムダ毛の生えている大地である肌はもっと乾燥します。そうすると、ムダ毛の生え変わりのサイクルも遅くなりますし、脱毛の時に痛みも感じやすくなります。そのため脱毛をし始めたら、ローションなどで肌の保湿のケアをしてあげることです。VIO脱毛の痛みが強いのは、肌の色が黒ずんでいることも理由としてあります。ローションやジェルで保湿をしたら、美白クリームでホワイトニングのお手入れもしてあげましょう。特別な化粧品を購入しなくても、いつも顔に使用している、スキンケアアイテムを使用して構いません。

アクセスの多い脱毛体験談♪

【体験談】キレイモに行ってきました!
>口コミを見る

>キレイモ公式ページを見る
【体験談】アリシアクリニックに行ってきました!
>口コミを見る

>アリシア公式ページを見る
【体験談】シースリーに行ってきました!
>口コミを見る

>シースリー公式ページを見る
【体験談】ミュゼに行ってきました!
>口コミを見る

>ミュゼ公式ページを見る
【体験談】湘南美容外科に行ってきました!
>口コミを見る

>湘南美容外科公式ページを見る

脱毛サロンの脱毛は痛いって本当?関連ページ